様々ある葬儀のかたち

費用のかからない「市民葬・区民葬」

費用のかからない「市民葬・区民葬」の写真

市民葬・区民葬とは、各自治体が住民福祉事業の一環として行う葬儀のことである。自治体には葬儀を行う機能がないため、地元の葬儀社や霊柩車業者、火葬場などが協力して、市場価格よりも安い価格で葬儀を行う。しかし、中には自治体が直接葬儀を行うところもある。このサービスの最大の特徴は、シンプルでありながら安価な葬儀を実現していることである。葬儀を小さくしたい、費用を安くしたいという人のニーズに応える葬儀の形である。葬儀プランには、祭壇、霊柩車、火葬料などが含まれている場合が多く、プランに含まれていないものはオプションとして別途請求されます。

市民葬や区民葬の最大のメリットは、価格を低く抑えられることです。一般葬の相場が200万円前後であるのに対し、市民葬・区民葬の相場は自治体によって異なりますが、20~30万円前後で葬儀を行うことが可能です。また、提携葬儀社の基準は自治体によって異なりますが、指定された葬儀社が対応するため、法外な追加費用の心配はなく、公的機関の提携葬儀社であるため、一定の安心感があります。市民葬には所得制限がなく、故人やその家族が居住していれば、誰でも利用することができます。

市民葬・区民葬のデメリットは、葬儀の内容が質素になることです。自分で自由に葬儀社を選べるわけではありません。安くお葬式ができるというイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。自治体系列の葬儀社はいくつかありますが、市民葬が提供するプランは規格化されているので、どの葬儀社を選んでも料金は同じです。ただし、プランには祭壇装飾費しか含まれていない場合もありますので、追加料金が発生することも多いです。市民葬は価格が安い反面、祭壇や祭壇小物は一般葬に比べて質素になる傾向があります。市民葬では、最低限の葬儀を行います。自治体によっては、飲食物の接待や贈答を禁止しているところもあり、参列者へのおもてなしを行う葬儀には不向きです。