様々ある葬儀のかたち

必要最低限の葬儀「直葬・火葬式」

必要最低限の葬儀「直葬・火葬式」の写真

直葬は火葬式とも呼ばれ、通夜や葬儀を行わず、納棺後に火葬場で直接火葬する葬儀の形態です。直葬・火葬とは、通夜・葬儀・告別式を行わないお別れのことです。近年、このタイプのお葬式が増えています。直葬・火葬とは、通夜・葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行う、近年急増している葬儀の種類です。遺体を安置所に搬送して安置した後、通夜・葬儀・告別式を行わずに火葬します。一般的な葬儀では、1日目に通夜式、2日目に告別式と火葬を行い、多くの参列者が集まります。現在では、一般葬以外にも、家族や近親者だけで行う家族葬や密葬、通夜を行わない一日葬、火葬のみを行う直葬など、さまざまな選択肢があります。これらのうち、直葬は一般的な内容の葬儀に比べて格段に費用を抑えることができます。一般葬は通常200万円前後の費用がかかりますが、直葬は20~30万円程度、場合によっては10万円程度で済むこともあります。

直葬のメリットは、一般葬に比べて圧倒的に費用を抑えられることです。直葬はさまざまな面でコストを削減できます。僧侶に読経や戒名を依頼しなければ、寺院関係の費用は必要ありません。また、直葬では基本的に会食がないため、飲食の接待費用もかかりません。また、葬儀ホールや祭壇の使用料も必要ありません。一般的な葬儀の費用は200万円前後です。一方、直葬の相場は10万~30万円です。直葬は、葬儀や告別式の挨拶や参列の必要がないため、遺族の負担も軽減されます。また、火葬式では、一般的にお香は必要ありません。したがって、香典を受け取らないので、香典返しの必要もありません。

直接火葬のデメリットとしては、菩提寺のお墓に遺骨を納めることができないことや、火葬式を行うことを親族に理解してもらえないことがあります。また、故人とのお別れの時間が十分に取れない場合も多く、「お別れの時間を十分に取るべきだった」と後悔される方もいらっしゃいます。また、故人の訃報を聞いた近所の人や友人、知人などが個別にお悔やみの言葉を送ることもあり、その対応が負担になることもあります。また、一般的に直葬では宗教的な儀式がないため、菩提寺によっては献骨を拒否される場合もあります。直葬を希望する場合は、事前に菩提寺に相談する必要があります。直葬を希望する場合は、事前に家族と菩提寺に相談しておきましょう。