様々ある葬儀のかたち

慣習を重んじた葬儀「一般葬」

慣習を重んじた葬儀「一般葬」の写真

一般葬とは、昔から行われてきた伝統的な葬儀のことです。現在では、家族葬、一日葬、火葬葬式、個人葬など様々な形態があるため、他の葬儀と区別するために一般葬と呼ばれています。親族だけでなく、様々な立場の人を招いて大規模に行われる葬儀のスタイルです。社会的な関係を重視したい人や、社会的な接点が多い人に適した葬儀スタイルです。一般葬は、小規模な葬儀のように参列者を限定せず、仕事関係者や近所の人、学生時代の友人・関係者など、故人と関わりのあった人たちを幅広く招待します。

一般的な葬儀では、通夜、葬儀、告別式を2日間かけて行います。葬儀は通夜から始まり、遺族と参列者が故人を偲んで食事をし、一緒にお別れの時間を過ごします。通夜では、遺族と参列者が故人を偲んで食事をし、一緒にお別れの時間を過ごします。通夜の翌日には、宗教的な儀式で故人を送り出す葬儀を行い、遺族や参列者が故人との別れを惜しむ告別式を行います。通夜が行われた翌日には、宗教儀礼で故人を偲ぶ葬儀が行われ、遺族や参列者が故人との別れを惜しむ告別式が行われます。告別式の後、故人を乗せた柩を火葬場に運ぶ出棺式があり、その後、火葬場での火葬式、埋葬が行われます。

一般葬のメリットは、故人を知る人や遺族と親しかった人たちが参列し、故人を見送ることができることです。また、故人のお世話をしてくださった方々やご遺族に感謝の気持ちを伝えることができ、同時に参列者から励ましの言葉をいただくこともあります。お悔やみを言ってくださる方は、ほとんどがお葬式に参列される方なので、お葬式の後にお悔やみをいただくことはほとんどありません。一般葬は多くの人が参列するので、故人の生前の付き合いを知ることができる機会でもあります。参列者から故人に関する話を聞くことで、ご遺族が知らなかった故人の意外な一面を知ることができるかもしれません。

一般葬のデメリットとしては、参列者が多いため、準備や対応に手間がかかることです。故人の生前の交友関係が多ければ多いほど、葬儀の準備を進める中で、ご遺族が把握しきれていない関係者が出てくる可能性があります。葬儀の準備を進める上での悩みの種になります。家族葬は一般葬に比べて参列者が少ないため、香典を受け取る金額も少なくなります。また、一般葬よりも特別葬の方が費用がかかることも珍しくありません。参列者への挨拶や気遣いが多くなりますが、2日間だけなので我慢しましょう。

なお、家族が亡くなった場合は、事前に会社に報告する必要があります。葬儀の際には、家族葬であること、香典や弔電は受け取らないことなどを明確に伝えておきましょう。葬儀には様々なスタイルがあります。最近では、伝統やしきたりにとらわれず、自分のスタイルでお葬式を行う人が増えています。お葬式は、故人との最後のお別れの場ですから、満足のいくものにしましょう。